So-net無料ブログ作成

野沢那智 なぜ話題? [ニュース]

スポンサーリンク




映画「ダイハード」でブルース・ウィリスの声を担当していた故・野沢那智さんが話題になっています。
なぜ野沢那智さんが話題に?「なぜ話題に?」をご紹介します。

img_221954_10881270_3.jpg


野沢那智さんをご存知でしょうか?

atom13.jpg


映画「ダイハード」のブルース・ウィリス役を長年担当されていたベテラン声優さんです。

しかし2010年10月30日、肺がんのため72歳で死去されています。


なぜ今話題になっているのか?というと…

YAHOO!JAPANニュースにて取り上げられたことがきっかけではないかと


【以下引用】

「批判殺到でコメント欄の炎上も!タレントの日本語吹き替え版起用に映画ファンの怒り爆発!」

洋画の日本語吹き替え版に、本職の声優ではなく、吹き替え経験の少ないタレントを起用するという最近の風潮に、映画ファンから怒りの声が上がっている。

これまでの日本語吹き替え版と言えば、ブルース・ウィリスの声を長年担当し続けた故・野沢那智さんをはじめ、アーノルド・シュワルツネッガー公認声優の玄田哲章など、数多くのベテラン声優が、オリジナル版のセリフに込められたキャラクターの心情を声の演技だけで見事に再現してきた。そのテクニックは、長年の経験を積んでこその職人技といえる。

ところが近年、主人公や主要キャラクターに、吹き替え経験の少ないタレントの起用が増加し、吹き替え版を愛する映画ファンの怒りを買っている。マーベルコミックのヒーローたちが一度に集結する映画『アベンジャーズ』は、過去のマーベル作品で同キャラクターを演じた声優が降板し、サミュエル・L・ジャクソン演じるニック・フューリーを竹中直人、ジェレミー・レナーが演じたホークアイを宮迫博之、スカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウを米倉涼子がそれぞれ担当。

劇場公開時から吹き替え版が酷評されていた同作だが、ブルーレイ版の発売を前にアマゾンのレビュー欄には批判が殺到「特に問題はなかった」「自然でしたよ」という声もある一方で、「話題性重視での芸能人起用は反対です」「吹き替え芸能人の大根ぶりにげんなりする」「このキャラクターにはこの声優、というファンの思いを台無しにされた」などと辛らつな意見が数多く上がっている。

 映画『塔の上のラプンツェル』で主人公・ラプンツェルの吹き替えを担当した中川翔子など芸能人起用の成功例もあるが、専門的な芝居が要求される吹き替え版だからこそ明らかなキャスティングミスも多く、吹き替え版を愛するファンにとっては深刻な問題だ。人気女優やアイドル、お笑い芸人など、芸能人を起用することで話題作りになることは確かだが、「経験不足のタレントによって、オリジナルの良さが失われてしまうことだけは避けてほしい」というファンの切なる声は、今後映画界にどう届いていくのだろうか?(編集部・森田真帆)

映画『アベンジャーズ』ブルーレイは今月19日に発売予定

【引用元 YAHOO!JAPANニュース】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121210-00000041-flix-movi



2010年10月30日のROCKET NEWS24でもブルース・ウィリスの声に
違和感を感じている記事がありました。



【以下引用】

『ダイ・ハード4.0』のブルース・ウィリスの声に違和感!? 視聴者「誰だよ声がちげーよ」

2010年10月30日21:00からハリウッド映画『ダイ・ハード4.0』が土曜プレミアム(フジテレビ系列)で放送されたのだが、視聴者から不満の声が漏れている。主人公のブルースウィリスの日本語吹き替えの声に対して「違和感ありすぎw」や「最悪、吹き替え声ちげぇ」、「この声はねーわ」などの批判があがっているのだ。

今回放送された『ダイ・ハード4.0』は、今までブルース・ウィリスのテレビ朝日版日本語吹き替えの声を担当していた声優・野沢那智(のざわなち)ではないため、視聴者が違和感を感じているのだと思われる。野沢さんは10月30日15:36に、肺がんのため72歳で亡くなっている。くしくも、この『ダイ・ハード4.0』が放送される当日である。

【引用元 ROCKET NEWS24】
http://rocketnews24.com/2010/10/30/%E3%80%8E%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%894-0%E3%80%8F%E3%81%AE%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%A3%B0%E3%81%AB/



例えばドラえもんの声優さんが変わったときはとてつもない違和感を感じましたね。

もはやドラえもんではないのでは?笑

私は映画ファンではなく、たまに観る程度ですが、
「あれ?いつもと違うな…」と映画に集中できなかった経験があります。

映画ファンの方たちからすればとてつもなく嫌な事でしょうね…





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。